ダイエットについて

"バナナを食べたり、指にテープを巻いたりと、巷には様々なダイエット法が流れている。その中でいくつが本人の体調を維持し、かつ理想的なスタイルに導けるのか、定かではない。
 
 小学校の頃、夏休みの暴飲暴食がたたり肥満になったことがあった。当時は体型なんてあまり気にしていなかったのだけど、中学に上がり思春期に入った頃から、次第に不恰好な体型が恥ずかしくなった。
 
 ダイエットをしよう、と決意するものの、食べるのが好きで中々進展はない。そんな時、友人の誘いでバスケットボール部に入部した。数ヶ月後、十キロ程体重が減った。食べる量を減らしたりとかは全くしていないのに、適度に筋肉のついた理想的な痩せ方をした。
 
 もちろんこれは部活での過酷な運動に次ぐ運動の賜であった。結論から言えば、やはり痩せるには運動するのが一番である。
 そんな私も今は高校を卒業して某専門学校に通っている。運動する機会も減って、多少のリバウンドはあったもの、体型は標準を保っている。相変わらず食べることは大好きで、ポテトチップスを一袋開けた日の夜には、お腹の肉を揉みしだいてどうにか燃焼させようとしたりしている。
 
 しかしそこで私は気付いた。以前と食べる量は変わっていないのに、太り方は随分と穏やかになったことに。理由は明白だった、私の体には筋肉がついていたのである。運動部に所属していた頃から筋トレを始めて、今でも時折思いついたら腕立てとか腹筋をしている。
 
 筋肉はただあるだけで脂肪を燃焼させるものらしい。これほど健康的な痩せ方はないだろうかと思う。食事制限もある程度はよかろうが、やり過ぎると色々後遺症が出たり、何よりリバウンドする危険がある。痩せたいと思うのならば、筋肉をつけるべきだと、私は思う。
 
 食事は減らしたくない、走るのも面倒。そんな私は現在筋トレに励む日々を送っている。腕立て、腹筋、背筋と、ムキムキになり過ぎないよう注意したい。
"

その他の管理サイト一覧